IDEA DEVELOPMENT株式会社 アイディア社
企業向け社員研修会社 全国対応の人材育成企業
イベント
2022.06.24

グローバルフォーラム 2022

対象 自社内の人材育成に携わる方々
※同業者(人材育成業、研修業など)およびコンサルタントの参加はご遠慮ください
※同じ会社から複数名の参加を歓迎しております
目的 グローバル人材育成の日本における成功事例や海外での最新トレンドを数多く紹介する無料公開型の半日セミナーです。

セミナー参加で得られる3つのメリット

1. グローバル人材育成を成功に導くコツが分かる
2. 幅広い業種の豊富な成功事例を具体的に聞ける
3. 他社からの参加者と交流してネットワークが広がる

このセミナーは、グローバル人材の育成に熱心に取り組まれている企業の責任者様、ご担当者様にお集まりいただき、豊富な事例を基に人材育成の戦略とその具体策を考えていただく一助になればとの思いで開催するものです。ご参加を心よりお待ちしております。
開催日時 2022年7月26日(火) 10:05-12:00
費用 参加費 無料
開催場所 Zoomを使用したオンラインセミナー形式
登壇者 ジェイソン・ ダーキー

無料公開セミナー グローバルフォーラム とは?

グローバル人材育成の日本における成功事例や海外での最新トレンドを数多く紹介する
無料公開型のセミナーです


セミナー参加で得られる3つのメリット

1.グローバル人材の育成トレンドが把握できる
2.幅広い業種の豊富な成功事例を具体的に聞ける
3.グローバル人材育成を成功に導くコツが分かる

このセミナーは、グローバル人材の育成に熱心に取り組まれている企業の責任者様、ご担当者様にお集まりいただき、豊富な事例を基に人材育成の戦略とその具体策を考えていただく一助になればとの思いで開催するものです。

2006年より毎年夏に開催してきた本セミナーは、今年で15回目の節目を迎えます。昨年は多数の方にご来場いただき、セミナー終了後のアンケート調査結果では「参加者の99%が満足した」との高い評価をいただくことができました。

今年もプログラム内容を一新して、みなさまのご期待に応えるべく準備を進めております。ご参加を心よりお待ちしております。

セミナー内容

(1)NEW グローバルビジネス環境

・海外売上げ比率の増加(中期経営計画)

・サプライチェーンマネジメントの課題

・リージョナリゼーション(各経済圏との関係構築や交渉)

・円安

・政治的なリスク(ウクライナ・中国)

・海外赴任者と外国籍社員のグローバル対応化

(2)NEW グローバル人材のニーズ

・今後活躍するグローバル人材のペルソナと育成ニーズ

・完全リモート化するグローバルビジネス

・異文化対応力に重点(リモート環境下だからこそ求められる異文化対応)

・ビジネス英語の必要な人材の普及

・海外パートナーとの新しい関係構築

・イノベーションとスピード重視

(3)NEW グローバル人材育成の手段

Learning technology

・VR(異文化シミュレーション)

・AR(Google翻訳)

・AI(Rehearsal)

・サポートツール(自動翻訳・自動議事録など)

・オンデマンド学習

Non Tech

・ブレンドラーニング

・集中研修

・海外研修

(4)NEW グローバルマインド(導入事例)

ノバルティスファーマ株式会社 Tom Mayes氏
新しいグローバル環境下の中で成功し続けるマインド育成の事例発表

ノバルティスファーマ株式会社 / Novartis Learning Instituteの
責任者を務めるTom Mayes氏をお招きして、先日のATD報告会2022でも
反響の大きかった「学習組織の実現」についてお話をお聞きします。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
Tom Mayes氏
京都府庁、ブリティッシュ・カウンシル、外資製薬企業において
タレントマネジメント施策の企画等の責任者を経て、2020年2月より
ノバルティスファーマ株式会社に入社。
企業内大学“Novartis Learning Institute”のシニアラーニングパートナー
を担当後、2020年9月より同責任者に就任。
英国マンチェスター出身。ケンブリッジ大学東洋学部卒業。
IE Business School(スペイン)MBA。
日英間の高等教育における交流を促す活動に携わった経験から、
教育に対して強い想いを持つ。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~



お客様による「導入事例発表」の実績

本セミナーでは毎年、私たちアイディア社が支援したプロジェクトや案件の事例を数多く紹介してきました。中には、アイディア社のプログラムを導入されたお客様にご協力をいただき、お客様ご自身が登壇して「導入事例発表」を行っていただきました。その実績を以下にご紹介します。

<お客様による導入事例発表実績>

2006年 帝人テクノプロダクツ株式会社(現:帝人株式会社)
2007年 栗田工業株式会社
2008年 オリンパス株式会社、日立電線株式会社、日産自動車株式会社
2009年 日本マクドナルド株式会社
2010年 池上通信機株式会社、株式会社NTTドコモ
2011年 サッポロビール株式会社、みずほ証券株式会社、株式会社リコー、
株式会社日立情報システムズ(現:株式会社日立システムズ)
2012年 横河電機株式会社、楽天株式会社、ピジョン株式会社
2013年 株式会社ニチレイフーズ、第一三共株式会社
2014年 横河電機株式会社、東京応化工業株式会社、株式会社日立製作所
2015年 サッポロホールディングス株式会社
2016年 株式会社吉野家ホールディングス、アキレス株式会社
2017年 森永乳業株式会社
2018年 ソフトバンク株式会社
2019年 オリンパス株式会社


ご参加者の声

  • 知らなかった事例やトレンドを知ることができ、今後の検討のヒントになった。

  • 内容構成に説得力があり、具体性が極めて高い。また進行のテンポがよい。

  • 参加型勉強会のイメージで参加者との交流もあり、とてもリアリティーがありました。

  • 未知の領域であったグローバル人材教育について、貴重な知見を得ることができました。

  • プレゼンテーションスキル、ネゴシエーションスキル、コミュニケーションスキルをまとめて「実践力」と定義した点が分かりやすかった。

  • オリンパス様の事例発表では、何を目的として、何を実施しているのかが明確で分かりやすかった。貴重な参考情報となりました。

  • ところどころで自分の会社のシチュエーションや課題を考える時間をいただきながら、セミナーに参加できたことがとても良かったです。

  • 講義でインプットして、ワークで他社の取り組みや課題などを伺えたことがとても良かった。

  • グローバルに事業展開する上で、もはやOJTで全てを完結させる時代ではないという前提を持って参加しましたが、その認識が正しいことを確認することができました。

  • アプリやeラーニングは既に導入していますが、きめ細やかな説明が欠けていました。アプリなど社内LANで紹介したいと思います。また、仕事に活かす観点を植え付けることも大事だと思えました。

  • 数年前に導入したグローバルプール人材制度がうまくいかなかった理由が見えた。

  • グローバル人材育成とは?という問いに対する一つの答えを得ることができた。

登壇者 紹介

代表取締役 JASON DURKEE /ジェイソン ダーキー

代表者略歴

1972年: 米国シアトル生まれ。
1992年: 来日し上智大学卒業。在学中より研修企画会社に勤務。インストラクターおよび開発を担当し、その後専任部長となる。
2003年: 企業向け教育研修会社 IDEA DEVELOPMENTを設立。代表取締役に就任。
現在: 現在は、能力開発のコンサルタント・インストラクターとして上場企業および外資系企業などに対して人材育成サービスを提供する。
主な著書: ・「ビジネス英語の技術」「ガツンといえる英語」(Japan Times 刊)
・無理なく続く英語学習法 忙しいビジネスパーソンでも挫折しない/ジェイソンダーキー,古川武士【著】(日本実業出版社)

「わかった」で終わらない。「できる」ようになる。
研修内容を実践で活かし、徹底した定着フォローにより職場で成果を出す

演習中心の飽きさせないダイナミックな研修

人材育成、企業研修に関するお問い合わせはこちらからどうぞ

WEBサイトに掲載されていない研修も多数ございます。
最適なご提案をさせていただきます

03-5368-0890
メールフォームからのお問い合わせはこちら
メルマガ登録
無料レポートダウンロード
Copyright IDEA DEVELOPMENT INC.
All rights reserved.
TOPへ