Call us toll free: 03-5368-0890
Top notch Multipurpose WordPress Theme!

企業向け専門 研修会社
アイディア社
IDEA DEVELOPMENT株式会社

ロジカルなコミュニケーション

目的
様々なビジネスシーンで、明解で説得力のあるコミュミニケーションができるようにする
特徴
  • 大量で複雑な情報の論理構造を明確にして、分かりやすく整理できる
  • 詳細な情報を瞬間的に整理した上で、分かりやすく説明できる
  • 複雑で細かいデータなどを上手に活用して、簡潔で説得力のある発表ができる

対象者: 管理職、営業職、チームリーダー、新入社員を始めとする全職種・全階層

問題点とその解決策

(聞き手から見た)よくある問題点 本研修での問題解決策
何を言いたいのか分からない FAST logic 要点を最初の10秒以内で伝わる一文にまとめる
全体構成が見えない FRAME logic メインポイントと全体構成を瞬間的に決め、初めに予告する
話が脱線したり、論理が飛躍したり、同じ話が繰り返されたりする LINE logic ポイントを飛ばさず、脱線しないで話を展開する
細かい話があまりにも多くてついていけなくなる DEEP logic 大量で複雑な情報を分かりやすく効果的に説明する
詳細な説明を長々聞いているうちに、集中力が落ちて眠くなる SUPPORT logic 詳細な話に集中しすぎることなくテンションを保つ
データの説明が長いにも関わらず、その意味が見えてこない TABLE logic 内容の多いデータや表を簡単に分かりやすく説明する
グラフを見せられても、論点や意味が分からない GRAPH logic グラフは簡潔にテンポよく意味を持たせて説明する
複雑な流れを長々説明されるほど分からなくなる FLOW logic 複雑な流れを聞き手中心に分かりやすく説明する

プログラム内容

FAST logic 狙い 明確な目的を瞬間的に述べる
聞き手の視点から考える
内容
  • 動作動詞を活用する
    (例:紹介する、提案する、分析する など)
  • 適切な目的語を動詞とペアで使用する
    (例:新商品+紹介する、解決策+提案する、原因+分析する)
  • 聞き手のメリットを強調する
FRAME logic 狙い まず全体構成を示して、メインポイントを紹介する
内容
  • メインポイントの数を事前に予告する
  • 情報ラベルを使う
    (例:原因、問題、理由、利点、提案など)
  • メインポイントを簡潔に列挙する
SUPPORT logic 狙い 要点と詳細情報を、聞き手のニーズに合わせて説明する
内容
  • 情報ラベルを使い、次へのトピック展開を効果的に行う
  • 構成に統一性を持たせる
  • 明解なオープニングとクロージングにする
TABLE logic 狙い 内容の多いデータや表を簡単に分かりやすく説明する
内容
  • 全体の構成を要約する
  • 重要なポイントの数を挙げる
  • 重要なポイントをさらに詳しく説明する
  • 時間を管理する
  • 聴衆が理解をしたか確認し終了する
GRAPH logic 狙い グラフやビジュアルは簡潔にテンポよく
意味を持たせて説明する
内容
  • 全体の構成を要約する
  • 重要なポイントの数を挙げる
  • 重要なポイントをさらに詳しく説明する
  • 時間を管理する
  • 次のスライドへ自然な流れで移行する

スケジュール(代表的なプログラム例)

午前午後

オリエンテーション

9:00

研修の狙い

基本ロジック

9:30

FAST logic
悪い例分析、解説、演習、コメント

10:15

FRAME logic
悪い例分析、解説、演習、コメント

11:00

LINE logic
悪い例分析、解説、演習1、演習2

12:00

−昼食−

応用ロジック

13:30

INTRO logic
解説、演習1、演習2、コメント

14:30

TABLE logic
解説、演習1、演習2、コメント

15:15

GRAPH logic
解説、演習1、演習2、コメント

16:00

FLOW logic
解説、演習1、演習2、コメント

総括

16:30

総合演習(演習とコメント)

17:15

演習とコメント
クロージング

ページトップに戻る