時代が求める「3つのSHIFT」とは?	
	経営層の期待が「SHIFT」
	イノベーション、グローバル競争力、ビジネス・ポートフォリオ

	ワークスタイルが「SHIFT」
	働き方改革、ワーク・ライフ・バランス、一億総活躍社会

	テクノロジーが「SHIFT」
	クラウドサービス、ビッグデータ、IoT

	↓
	時代が求める「3つのSHIFT」に対応する人材育成のヒントが得られます
直近3開催に参加した579名が語る
本セミナー参加で得られる3つのメリット		
	世界や日本におけるイノベーティブな人材育成の事例が分かる	
	組織や社員のイノベーション力を強化する具体策が見えてくる	
	他社からの参加者と業種業界の枠を超えて情報交換ができる

セミナー開催概要

セミナー名称 ラーニング・イノベーションFORUM 2017
日時

2017年12月5日(火) 10:00~17:00

会場

TKPガーデンシティPREMIUM京橋
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン 22F

東京メトロ「京橋駅」直結0分
都営浅草線「宝町駅」徒歩3分
各線「東京駅」八重洲南口 徒歩5分
東京メトロ「銀座一丁目駅」徒歩5分
定員

210名限定

参加対象者 自社内の人材育成に携わる方々
※同業者(人材育成業、研修業など)およびコンサルタントの参加はご遠慮ください
※同じ会社から複数名の参加を歓迎しております
参加費 無 料
当日のスケジュール
9:30 開場
10:00 開演、オリエンテーション

[第1部] 時代が求める「3つのSHIFT」

10:10 1. 経営層の期待が「SHIFT」

解説世界規模の調査結果と成功事例に基づく、経営層が求める期待の変化

演習ディスカッション:

自社の経営層が求める期待の変化(現在、5年後の予測)

  2. ワークスタイルが「SHIFT」

演習アンケート調査:

ワークスタイルSHIFTに関する自社の状況(現在、5年後の予測)

解説対応策のアイディア出し(欠点列挙法)

  3. テクノロジーが「SHIFT」

解説世界のメガトレンドと世界における人材育成の対応

(ATD調査レポート:State of the Industryより)

演習ディスカッション:

世界と自社を照らし合わせて、今後どうなる?今後どうする?

[第2部] 人材育成に求められる「3つのSHIFT」

10:45 1. 経営層の期待が「SHIFT」への対応策

お客様による事例発表ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社様より

「時代のSHIFTに合わせたブレンドラーニングで成果を高める」(仮題)

演習社員や組織のイノベーション力を高めるヒント

演習イノベーション強化研修で得られた成果

12:15 (昼食) ※主催者が用意するお弁当をお召し上がりください
  2. ワークスタイルが「SHIFT」、3. テクノロジーが「SHIFT」への対応策

演習ディスカッション:

新たなるワークスタイルに対応したテクノロジーの効果的な活用法アンケート調査

お客様による事例発表全日本空輸株式会社(ANA)様より

「CAによるグローバルサービスを向上させるためのiPadを活用したマイクロラーニング施策」 (仮題)

解説3つの「SHIFT」を対応するラーニング・イノベーション

事例発表15年に渡りアイディア社が実践した

ラーニングイノベーションに関する成功と失敗の具体例

解説2025年までのラーニングイノベーションに関するロードマップ

[第3部] 2017年度ラーニングイノベーション大賞

16:20

発表受賞者発表、授賞式

発表受賞者スピーチ

16:50 クロージング
17:00 セミナー終了

※プログラム内容は変更となる可能性があります

企画運営 主催: アイディア社 (IDEA DEVELOPMENT株式会社) 
共催: 株式会社日経BPマーケティング

セミナー講師の紹介

ジェイソン・ダーキー(Jason Durkee)
アイディア社(IDEA DEVELOPMENT株式会社) 代表取締役

米国シアトル出身。上智大学卒業。
大学在学中より研修企画会社に勤務。インストラクターおよび研修プログラム開発を担当し、その後専任部長となる。
2003年に企業向け教育研修会社アイディア社(IDEA DEVELOPMENT株式会社)を設立、代表取締役に就任。現在は、人材育成のコンサルタント、教育プログラムのデザイナー、研修のインストラクターとして、幅広い業種の企業向けに人材育成サービスを提供している。

主な著書:
無理なく続く英語学習法(日本実業出版社)、ガツンと言える英会話(ジャパンタイム)、ビジネス英語の技術(ジャパンタイムズ)

ラーニング・イノベーションFORUMとは?

イノベーションを引き起こす人材を育成する
イノベーティブな人材育成が展開できる
ラーニングとイノベーションを掛け算することで生まれる新たな世界について、
海外の最新トレンドや日本における成功事例を数多く紹介する
無料公開型の一日セミナーです
直近3開催に参加した579名が語る
本セミナー参加で得られる3つのメリット
世界や日本におけるイノベーティブな人材育成の事例が分かる
組織や社員のイノベーション力を強化する具体策が見えてくる
他社からの参加者と業種業界の枠を超えて情報交換ができる

このセミナーは、イノベーションを引き起こす人材の育成に熱心に取り組まれている企業の責任者様、ご担当者様にお集まりいただき、豊富な事例を基に人材育成の戦略とその具体策を考えていただく一助になればとの思いで開催するものです。

昨年12月に開催した本セミナーは100名の方にご来場いただき、セミナー終了後のアンケート調査結果では「参加者の98.8%が満足した」「満足度は5点満点で4.70」との高い評価をいただくことができました。

今年もプログラム内容を一新して、みなさまのご期待に応えるべく準備を進めております。ご参加を心よりお待ちしております。

参加者の声(昨年12月に開催した本セミナーの参加者アンケートより抜粋)

  • 協和発酵キリン株式会社 木下進司 様

    Q2.本セミナーの全体的な感想をお聞かせください。

    5:とても良かった

    いつも通り、まき込んで楽しく受けられるセミナーでした。これからもよろしくお願いします。

  • 栗田工業株式会社 立川博之 様

    Q2.本セミナーの全体的な感想をお聞かせください。

    5:とても良かった

    ラーニング軸で、うすうす感じていた改善ポイントが明確になりました。次はActionをと考えています。

  • 株式会社スリーボンド 林美由紀 様

    Q2.本セミナーの全体的な感想をお聞かせください。

    5:とても良かった

    Outputの時間が多く、最後まで楽しく(大事だと思っています)学べました。

  • 乃村工藝社 土居 様

    Q2.本セミナーの全体的な感想をお聞かせください。

    5:とても良かった

    気づきがたくさんあった。頭を整理することができた。

  • ヤマトコンタクトサービス株式会社 野内睦子 様

    Q2.本セミナーの全体的な感想をお聞かせください。

    5:とても良かった

    演習による理解深めができる内容だった。研修企画のヒントがたくさんあった。

  • 改めて基本に立ち返り、受講者のニーズを現場で拾い集めようと思った。
  • 1日、研修の本質を考えることができました。本日の気づきをActionに結びつけたいと思います。
  • 本来であれば「当たり前」として取り組まなければならないこと(受講者1st)が実はないがしろにされていたのではないかと改めて考えることができた。
  • 研修を実施している立場として受講者1stの観点を見失っていました。やはり研修受講は面倒くさいですよね。ワクワクする(させる)研修企画や案内について考えなければと感じました。
  • 教育メニューを考え、設計するヒント、定着まで考えたプランづくりに役立ちそうでよかった。
  • Learning軸のパートで活かされた人材育成のためのヒントは、次年度の研修計画を立てる上で大変参考になりました。自身が担当する研修だけでも受講者視点で考え、適切な情報量でOutputの多い研修を提供しようと思いました。
  • ワークショップ形式でのやり方、参考になる事が多く、実践してみようと思うことが多々ありました。
  • 参加企業が広い分野から集まっており非常に参考になった。業界の中だけで考えていてもダメですね。
  • とても参考になりました。すぐ実践できるものもあるので行動していきたいです。
  • 育成施策を検討、実践するためのポイントを整理することができた。
  • 教育研修に限らず、なかなか行動できない社員が弊社にも多く存在します。行動に繋がるための良いヒントをいただきました。
  • 色々な研修パターンがありますので、何を選択すればよいのか迷っていましたが、このフォーラムを受講することで、ある程度どうすれば良いか、考えが固まりました。
  • 原則やポイントを面白くかつコンパクトに学べて非常に良かったです。見落としている視点も多く「痛いところをつかれた」気分です。
  • 毎回、とても有益な情報をご提供いただき、誠にありがとうございます。

2016年度ラーニング・イノベーション大賞の受賞者である、
協和発酵キリン株式会社様への受賞インタビューに関するコメント

  • 「研修」と名がつくと、どうしても集合しなければいけないと思ってしまうが、必ずしもそうしなくても受講者の満足が得られることが参考になりました。
  • 1,500人を対象にしたコミュニケーション研修の実施には驚きました。すべてを集合研修とはせず、映像による研修を実施して、時間やコストの削減ができたのだと思います。小さな成功体験を書き出し、習得させる工夫は参考になります。新人研修の定着徹底における朝の20分の活動はマネしたいくらいです。
  • 研修の"定着"をきちんと組み入れた内容だったのでとても参考となりました。
  • 社内政治にも勝って、当該研修を導入したご担当者様の強い改善意志を感じました。
  • 研修ニーズの把握の手法、映像講義~定着までの手法が参考になりました。
  • 課題認識のため外部機関を利用した点や同一プログラムを対象毎に分類・カスタマイズした点は参考になりました。
  • 実際に行われた研修のやり方や参加者目線の話を具体的に伺うことができました。
  • 「わかる」ことと「できる」ことは違うということが参考になりました。
  • 受講者に合わせて研修時間、回数を工夫した所は参考になりました。
  • ハッピーカードのような、ハードルは低いけれども効果的な成功事例の共有の仕組みや、何より定着を粘り強くやりきっていらっしゃるのが素晴らしい。
  • 実際の成功事例を聞くことができ参考となりました。
  • 当社も集合研修の難しさ(拠点が離れているので)が課題の1つであるので、映像研修も含めた研修方法は役立った。
  • トライアルを営業所を絞って行ったこと、スモールPDCAを回して拡大したこと、プチ成功事例を共有し励ましになったこと、意識させること、できるようになるための定着トレーニングを実施したこと、などが参考になった。
  • 定着に徹底的にこだわる姿勢が大切であることを実感できました。

歴代の「ラーニング・イノベーションFORUM」開催実績

2015年12月1日開催

ラーニング・イノベーションFORUM 2015

ラーニング(人材育成)でイノベーションを引き起こし、経営とビジネス現場にインパクトを与えるためのセミナー

[ラーニング・イノベーション大賞受賞者] 日産自動車株式会社 アライアンスR&D人事部 様
[お客様による事例発表] スリーボンドグループ様、The American School in Japan(ASIJ)様、デンソー様
[セミナー来場者] 155名

セミナーダイジェスト映像(1分34秒)


2016年12月6日開催

ラーニング・イノベーションFORUM 2016

ラーニング(人材育成)でイノベーションを引き起こし、経営とビジネス現場にインパクトを与えるためのセミナー

[ラーニング・イノベーション大賞受賞者] 
協和発酵キリン株式会社 営業本部 マーケティング部 研修推進グループ 様

[セミナー来場者] 100名

セミナーダイジェスト映像(1分02秒)

過去1年間におけるその他の大規模セミナー開催実績

2017年6月14日、7月3日開催

ATD人材育成国際会議2017 帰国報告会

人材育成における世界最高峰の国際会議に参加して掴んだ膨大な情報の中から、 日本において役立つヒントを抽出しわずか3.5時間に凝縮して紹介

[セミナー来場者] 計583名(319名+264名)

セミナーダイジェスト映像(1分19秒)


2017年8月29日開催

GLOBAL SKILLS FORUM 2017

豊富な導入事例を参考にしながら、グローバル人材の効果的な育成法を学び合うセミナー

[お客様による事例発表] 森永乳業 様

[セミナー来場者] 89名

セミナーダイジェスト映像(1分12秒)


2016年10月17日開催

1-2-3年目社員育成FORUM 2017

豊富な導入事例を参考にしながら、若手社員の効果的な育成法を学び合うセミナー

[お客様による事例発表] シーエーシー 様
[セミナー来場者] 76名

セミナーダイジェスト映像(1分12秒)

主催企業 アイディア社(IDEA DEVELOPMENT株式会社)の紹介

ビジネス現場での成果にこだわる
企業研修のアイディア社


私たちアイディア社は…
経営課題や現場の問題を人のパワーアップを通して解決します。
企業における教育投資のリターンをビジネス現場で生み出します。
人材育成にはもっともっと経営に貢献できる力があると信じています。


正式な会社名はIDEA DEVELOPMENT株式会社ですが、「アイディア社」を呼称としています。

業務領域を「グローバル」、「イノベーション」、「コミュニケーション」の3つに絞り込むことで、自らの専門性を日々高めています。お客様の真のニーズにマッチした質の高い人材育成プログラムを提供するで、ビジネス現場における成果を高める専門家です。

 

代表的な教育研修プログラム

Innovation系 ・創造力開発
・クリエイティブ・シンキング(発想力開発)
・創造的問題解決法
・仕事マインド再設計
・実践型イノベーション
Global系 ・グローバル人材育成
・グローバル実践力強化プログラム
・グローバル人間ドック®
・クロスカルチャー、ダイバーシティー
・英語ビジネススキル(会議、プレゼン、ネゴ、ライティング)
・ビジネス英語レッスン
Communication系 ・ロジカルなコミュニケーション
・デジタルプレゼンテーション
・相手が動きたくなる
・結果にこだわるコーチング
・WIN-WINコミュニケーション

主な教育研修実施先(敬称略)

日産自動車、日産テクノ、日産車体、日産ライトトラック、日産クリエイティブサービス、NMKV、電通、電通東日本、電通アドギア、電通育英会、日立製作所、日立システムズ、日立ソリューションズ、日立ソリューションズ西日本、日立キャピタル、日立物流、日立電線、日立化成、日立ハイテクノロジーズ、日立ハイテクフィールディング、日立INSソフトウェア、KDDI、KDDIエンジニアリング、KDDIエボルバ、KDDIテクノロジー、NTTドコモ、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTインターネット、オリンパス、オリンパスメディカルシステムズ、GEヘルスケア・ジャパン、キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンシステムアンドサポート、ソニー、ソニーセミコンダクタソリューションズ、リコー、オムロン、沖電気工業、OKIプロサーブ、パイオニア、フィリップス エレクトロニクス ジャパン、アマノ、新日鐵住金、IHI、IHI運搬機械、千代田化工建設、本田技術研究所、アイシン精機、トヨタテクニカルディベロップメント、愛知機械工業、タイコ エレクトロニクス ジャパン、日本イートン、ブラザー工業、横河電機、横河マニュファクチャリング、旭化成、帝人、帝人テクノプロダクツ、アキレス、積水化学工業、トクヤマ、スリーボンド、ブリヂストン、横浜ゴム、TDK、ミツミ電機、山洋電気、日本テキサス・インスツルメンツ、凸版印刷、トッパン・フォームズ、東洋インキ、DIC、新日本無線、栗田工業、東京応化工業、アプライドマテリアルズジャパン、池上通信機、TOTO、花王、資生堂、イプサ、ポーラ、ポーラ化成工業、セルマーク・ジャパン、ピジョン、プラス、コクヨ、サッポロホールディングス、サッポログループマネジメント、キリンビール、吉野家ホールディングス、日本マクドナルド、日本コカ・コーラ、ニチレイフーズ、ニチレイフレッシュ、日清オイリオ、モスフードサービス、森永乳業、明治、全日本空輸、ANA総合研究所、ゼロ、ヤマトロジスティクス、寺田倉庫、横浜冷凍、日本IBM、日本電気、NECフィールディング、富士通パーソナルズ、富士通システムズ・ウエスト、富士通ミッションクリティカルシステムズ、富士通ネットワークソリューションズ、CTC、日本オラクル、モトローラ、HEAR Japan、クレスコ、シーエーシー、電通国際情報サービス、オージス総研、メンター・グラフィックス・ジャパン、東邦システムサイエンス、ジャパンテクニカルソフトウェア、MS&ADシステムズ、野村総合研究所、NRIセキュア、JIEC、JBCC、アビームコンサルティング、ヤフー、楽天、コナミデジタルエンタテインメント、オリエンタルランド、三井物産、住友商事、住商アグリビジネス、スミトロニクス、三菱商事ロジスティクス、森村商事、野村證券、みずほ証券、第一生命保険、富国生命保険、アフラック、アクサ生命、JCB、新生銀行、リコーリース、ジャックス、エース損害保険、労働金庫連合会、第一三共、アステラス製薬、協和発酵キリン、旭化成ファーマ、Meiji Seikaファルマ、中外製薬、大鵬薬品工業、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、ベーリンガーインゲルハイム ジャパン、持田製薬、ガルデルマ、テルモ、コヴィディエン、アトムメディカル、ウイン・パートナーズ、アムコ、LSIメディエンス、リニカル、ボストン・サイエンティフィックジャパン、前田建設工業、首都高速道路、住友林業、住友不動産販売、日本ビルダーズ、イオン、西友、伊勢丹、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン・ジャパン、ビームス、ナイキジャパン、リーバイ・ストラウスジャパン、乃村工藝社、アマナ、ドリル、日本テレビホールディングス、ジャパンタイムズ、パソナ、パソナグループ、アデコ、マイナビ、スタッフサービス・ホールディングス、ベネッセコーポレーション、マンパワーグループ、城南進学研究社、NaITO、東京ガス、JM、材料科学技術振興財団、新日本監査法人 ほか

セミナー開催概要

セミナー名称 ラーニング・イノベーションFORUM 2017
日時

2017年12月5日(火) 10:00~17:00

会場

TKPガーデンシティPREMIUM京橋
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン 22F

東京メトロ「京橋駅」直結0分
都営浅草線「宝町駅」徒歩3分
各線「東京駅」八重洲南口 徒歩5分
東京メトロ「銀座一丁目駅」徒歩5分
定員

210名限定

参加対象者 自社内の人材育成に携わる方々
※同業者(人材育成業、研修業など)およびコンサルタントの参加はご遠慮ください
※同じ会社から複数名の参加を歓迎しております
参加費 無 料
当日のスケジュール
9:30 開場
10:00 開演、オリエンテーション

[第1部] 時代が求める「3つのSHIFT」

10:10 1. 経営層の期待が「SHIFT」

解説世界規模の調査結果と成功事例に基づく、経営層が求める期待の変化

演習ディスカッション:

自社の経営層が求める期待の変化(現在、5年後の予測)

  2. ワークスタイルが「SHIFT」

演習アンケート調査:

ワークスタイルSHIFTに関する自社の状況(現在、5年後の予測)

解説対応策のアイディア出し(欠点列挙法)

  3. テクノロジーが「SHIFT」

解説世界のメガトレンドと世界における人材育成の対応

(ATD調査レポート:State of the Industryより)

演習ディスカッション:

世界と自社を照らし合わせて、今後どうなる?今後どうする?

[第2部] 人材育成に求められる「3つのSHIFT」

10:45 1. 経営層の期待が「SHIFT」への対応策

お客様による事例発表ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社様より

「時代のSHIFTに合わせたブレンドラーニングで成果を高める」(仮題)

演習社員や組織のイノベーション力を高めるヒント

演習イノベーション強化研修で得られた成果

12:15 (昼食) ※主催者が用意するお弁当をお召し上がりください
  2. ワークスタイルが「SHIFT」、3. テクノロジーが「SHIFT」への対応策

演習ディスカッション:

新たなるワークスタイルに対応したテクノロジーの効果的な活用法アンケート調査

お客様による事例発表全日本空輸株式会社(ANA)様より

「CAによるグローバルサービスを向上させるためのiPadを活用したマイクロラーニング施策」 (仮題)

解説3つの「SHIFT」を対応するラーニング・イノベーション

事例発表15年に渡りアイディア社が実践した

ラーニングイノベーションに関する成功と失敗の具体例

解説2025年までのラーニングイノベーションに関するロードマップ

[第3部] 2017年度ラーニングイノベーション大賞

16:20

発表受賞者発表、授賞式

発表受賞者スピーチ

16:50 クロージング
17:00 セミナー終了

※プログラム内容は変更となる可能性があります

企画運営 主催: アイディア社 (IDEA DEVELOPMENT株式会社) 
共催: 株式会社日経BPマーケティング

本セミナーの重要なポイントをまとめると…

ラーニング・イノベーションFORUMとは?

イノベーションを引き起こす人材を育成する
イノベーティブな人材育成が展開できる
ラーニングとイノベーションを掛け算することで生まれる新たな世界について、
海外の最新トレンドや日本における成功事例を数多く紹介する
無料公開型の一日セミナーです

直近3開催に参加した579名が語る セミナー参加で得られる3つのメリット


世界や日本におけるイノベーティブな人材育成の事例が分かる
組織や社員のイノベーション力を強化する具体策が見えてくる
他社からの参加者と業種業界の枠を超えて情報交換ができる

このセミナーは、イノベーションを引き起こす人材の育成に熱心に取り組まれている企業の責任者様、ご担当者様にお集まりいただき、豊富な事例を基に人材育成の戦略とその具体策を考えていただく一助になればとの思いで開催するものです。
ご参加を心よりお待ちしております。

●本セミナーに関するお問い合わせ先

アイディア社(IDEA DEVELOPMENT株式会社)

セミナー 担当

TEL 03-5368-0890 FAX 03-5368-0891
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-2-10 サニープラザ新宿御苑606

お問い合わせフォームはこちら